浮気に発展する恋愛感情

ストーカーと紙一重の行為

世間には一歩間違えるとストーカー行為に間違われる行為が意外にもたくさん見受けられています。 まずストーカーとは「つけ回し」「待ち伏せ」「嫌がらせ」などをしている人物を指します。 ただ、いずれも被害者となる人物の感覚次第なのです。 いくつかのケースを考えてみましょう。

ケース①

元恋人や元配偶者がヨリを戻して欲しくてつきまといや待ち伏せ行為をしてくることですがまだ相手も愛情や未練があった場合、不快に感じることはなく、ヨリが戻るなんて こともあるのです。 実際にヨリが戻ったというケースも聞いてはいますが多くは相手が恐怖や不快に感じて警察などに相談、警告などの指導を受ける人もいます。 また、この様なつきまといや待ち伏せ行為が周辺から目撃されたりするとストーカー行為として通報される事もあり、ストーカーとして認定されるケースも少なくないみたいです。

ケース②

町中が見掛けた素敵な異性について住所を知りたい。

電車やバス、店舗、塾、サークルなどでいつも見掛ける素敵な異性と親しくなりたいと想い、住んでいる家を知っておきたいと尾行した経験のある人は過去、思春期から成人した人でも経験をした人は多いかもしれません。

これはその後、待ち伏せして偶然を装い、出会い、顔見知りとなり、交際するきっかけとしたいという事なのでしょう。

このケースでは一般人ばかりとは限りません。

芸能人など著名人に対しても同様です。

スケジュールを調べてスタジオ、劇場、ライブ会場などで出待ちして、出てきたら尾行して家を突き止めたり、入った飲食店を突き止め、店内に入り、より親しくなりたいと思っているファンも少なくありません。

文章にすると「気持ち悪い」と思う人は多いかと思うでしょうが意外にも多くの人がこのような行動をしているのです。

芸能人などにとってはファンありきな部分もあり、ある程度の行為は覚悟しているみたいですが自宅を突き止められるのは困るという人も当然おります。

その為に芸能事務所のスタッフはいろいろと対応しているのです。

一般人の場合、気付かれなければ笑い話で終わりそうな話ですが中には尾行されたり、待ち伏せされた事に気づき、不快感を感じ、警察などに相談すれば、「つけ回し」「待ち伏せ」のストーカー行為とされ、被害届を出せば、その時点で貴方はもう犯罪者となってしまうのかもしれないのです。

ケース③

恋人や配偶者に浮気の疑惑が出てきて勤務先などで張り込み、出てきた後を尾行する。

浮気の疑惑が生じたら自分で探偵の真似をして事実を確認しようとする人はけっこう存在しています。

確かに「浮気している?」と問い質しても浮気をしている人の中に浮気を認める人はまずいません。

浮気をしていない人は当然、認めませんので判断が付く訳もありませんので「問い質す」という行為は愚問と気付くことでしょう。

結果、自分で調べようと張り込み、尾行をしてしまうのです。

もし恋人や配偶者が張り込みや尾行に気付き、不快に感じなく、「浮気なんてしていないから心配しないで」と笑って言われれば良いのですが、そうそう心の広い人ばかりではありません。

まず浮気を疑われたという事で不信感になるでしょうし全く浮気をしていない人でも束縛間がすごいとかジェラシーがすごいと感じるのではないのでしょうか?

更に浮気をしている人にしてみれば戦々恐々という心境でかなり警戒したり、中にはストーカー行為として訴える人も出てきます。

得に恋人関係ですと正式に婚約でもしていない限り、浮気という行為は法的に存在しないのです。

例えば貴方が昨日、今までの恋人と別れたとします。

それでも相手は納得せずに勤務先の前で張り込んだり、つけ回してきたとした場合、訴えれば完全にストーカー規制法に抵触するストーカー行為です。

思いあたる人は多いのではないのでしょうか。

また以前の恋人や元配偶者の近況を知りたかったり、ヨリを戻したいが為に張り込み、尾行したとして相手が不快や恐怖心を感じられればこれまたストーカー行為となってしまいます。

実際に相手に不快感や恐怖感を与えた事でストーカー行為と見なされるケースも多く見受けられ。警察から警告されたり、逮捕となるケースも増えています。

尚、一般人が個人的に尾行、張り込みをすると「つけ回し行為」「待ち伏せ行為」と見なされていますので注意が必要です。

探偵が実施する尾行、張り込みにおいては依頼人が存在して正当な理由であればなんら法的に違法性はなく、法的にも認められた調査方法として認可されているのです。

ですから浮気の疑惑が正二だ場合には速やかに探偵事務所に浮気調査を依頼する事をお勧めします。

探偵であればまず察知されることはなく、浮気の証拠を押さえられるはずです。

ただ探偵であっても個人的に尾行、張り込みすることはストーカー規制法に抵触し禁止されています。