浮気に発展する恋愛感情

探偵が目の当たりにする魔性

世間には「異性を虜にして離さない魔性」と呼ばれる人物が稀に存在します。

魔性と呼ばれる人物の発言は驚くべき言葉が多く、常識にとらわれていない人物であることが伺えます。

男女問題解決のために調査業務を実施する探偵は実際に「魔性の人物を調査」することがあり、魔性な人物の日常を垣間見る機会があります。

そのような人物の特徴を少しお話ししたいと思います。

まず、異性を虜にする魅力とは何なのか?が魔性をお話しする上で欠かせないと言えます。

世間では「その人の為ならすべてを捨てる」ことが魔性の条件となっているからです。

例えるならば「社会的地位や名声」を捨ててでもその人物を選ぶことが魔性のなせる業と認識されています。

何故?そのような社会的不利益を選択させる魅力があるのかお答えしますと「魔性に魅了された人物は魔性をすべて受け入れる」という事実が存在するのです。

多くの資産を保有する有名人が若く魅力的な女性と年の差婚をして話題になったりしていますが、世間の皆さんは当然のように「お金目当ての結婚」と考え、当人たちの心情を理解しようとはしません。

年配の有名人の心情(魔性に魅了された心情)は「お金目当ても含めて受け入れている」と言えるのではないでしょうか。

魔性とはすべてを受け入れさせてしまう魅力なのです。

世間が思い考える一般的な常識は通用しないことが当然となりえるのです。

財産をいくら保有していたとしても人には必ず寿命は訪れます。

お墓にお金は持っていけないことを誰よりも痛感しているのはお金持ち自身でしょう。

資産や財産は安定や物質的な豊かさをもたらしてくれますが「精神的な安息」や「孤独から解放された安堵感」等の生きて行く上で欠かせない要素はもたらしてくれません。

心を許せる存在があって得られる豊かさはお金には代えられません。

世間で魔性と称される人物はそのような魅力をもった人物であり、「相手を虜にする安息を与えてくれる人物」と言えるのです。

多くの方が魔性を勘違いして捉えがちの魅力である「色気」「セクシー」「アンニューイ」等の要素は付属の気質であり、二の次と考えるべきなのです。

映画やドラマで登場する「悪女に描かれた魔性」は現実に存在する魔性とは違うものと考えられるのです。

パートナーを狂わせる魔性な人とは?

探偵が身近に感じる魔性とは「家庭や仕事を捨ててまで浮気相手や不倫相手に走らせる」形と言えます。

前述した通りにこのようなケースでも「浮気相手や不倫相手から安息が得られる」からこそ庭や地位を捨てることが可能になってしまうのです。

浮気相手や不倫相手に安息がないケースでは殆どが「反省して家族に謝罪し戻る」こととなります。

性別に関係なく家庭が安息の場所ならば「もっとも大切と判断」し、浮気相手や不倫相手が勝っていたならば「全てを捨てて」と考えるのです。

あなたのパートナーに浮気や不倫の痕跡があるならば「安息が重要な判断材料」となって浮気心を引き起こしているとも言えるのです。

浮気相手に求めるポイントが「肉体やお金」とは限らず「精神的なつながり」かもしれないのです。

もし、あなたのパートナーが精神的なつながりを求めて浮気を繰り返している人物ならば「浮気にとどまらず本気」になってしまう可能性が高いと言わざるを得ません。

このようなケースで初めてパートナーが「魔性の虜」になったと言えるのです。

そんな「魔性の人」を探偵は日夜、探っているのですが希に本物の「魔性の人」を目の当たりにするのです。