浮気に発展する恋愛感情

浮気調査に存在する不安要素

浮気調査を実施することに意味があるケースとそうではないケースが世の中には存在します。

簡単にご説明するならば「浮気の証拠」を取得し浮気相手に対して損害賠償請求(慰謝料請求)しても浮気相手に支払能力がない場合には、高額な浮気調査が無意味なものとなってしまうのです。

浮気相手の素性を知った上で浮気調査を実施できる方ならば問題ないのですが、多くのケースは浮気相手の素性を知らない前提で浮気調査を実施しますので「どのような浮気調査であっても必ず不安要素は存在」するものと認識した上で浮気調査を実施しなければならないのです。

極稀に存在するケースとして一例を紹介しますが「年の差のある浮気や不倫」であった場合には浮気相手が未成年者であることも考えられます。

未成年者であってもそれなりの責任は発生し慰謝料請求も可能と言えますが、現実には「支払い能力や未成熟な部分」を考慮して期待する結果にはならないものなのです。

慰謝料請求が問題ではなく「浮気を反省し制止」させることが目的とお考えならば違うのでしょうが、離婚を前提に浮気調査を実施し浮気の証拠を取得したケースで言えば「浮気相手から請求できる権利」も考慮して浮気調査を実施する方が多いと言えるのです。

この場合には浮気調査に存在する不安要素を認識されて事にあたることが望ましいと考えられるのです。

では、浮気調査にはいつ、どういった時に踏み切るべきなのでしょうか?

浮気の疑惑が生じ、いつからか離婚という言葉が脳裏に浮かんでは消えてゆく。

不仲とは言わないまでも浮気が表面化する以前は平凡な幸せを持ち合わせた家庭であったとします。

現在は夫婦の信頼関係は全くなく、家庭環境は冷え切ってしまい、悪い空気感は子供にも影響してしまっています。

このような状況にあるご家庭に浮気調査が必要なのでしょうか?

簡単に判断することは困難と言えるかもしれません。

浮気調査を実施する目的があいまいであり、ご夫婦が将来的にどうありたいか不鮮明と言えます。

仮に離婚が目的の浮気調査を実施したとしても「高額な調査費用を投じて離婚する」必要性が無く、もろもろメリットと思える理由が存在しないのです。

逆に家族の信頼関係を回復することを目的に浮気調査を実施したとして「浮気の証拠を取得」して後に「パートナーが反省」し今後は気持ちを入れ替えて家族のために努力するとも考え難い。

浮気が原因で家庭が崩壊寸前であるにも関わらず、探偵が実施する調査で「家族関係が良好」に働く可能性が低いと判断できる状況にあり、最善な手法が見当たらない状況では「調査を見送る判断」が妥当と言えるのです。

このようなケースで一番最悪な状況は「探偵が実施した調査により家族関係に変化」がもたらされてしまうことと考えられるのです。

せめてご夫婦の真意が表面化した状況になってからでなくては「浮気調査を実施し証拠を取得」する意味が無いと考えられ、ご夫婦の方向性が示唆された状況から探偵が介入することが望ましいと言えるのです。

では、いつ浮気調査を探偵に依頼空けば弱いのでしょう。

浮気を疑う根拠が存在し始めた時期が浮気調査を実施するベストタイミングです。

浮気調査を実施するタイミングは実に重要なポイントと言えます。

浮気や不貞の証拠をスムーズに取得できるか?にも大きく関わることですし、調査がご依頼者の満足行くカタチになるかにも関わってきます。

はっきり申し上げるならば探偵が実施する各種調査事項において、「タイミングを逸した調査は無駄」と断言できるのです。

代表的な浮気調査を例にタイミングが如何に重要かご説明するならば、「依頼人が浮気を疑う何かを感じた時期が調査を実施する絶好のタイミング」と判断できます。

浮気はある種。恋愛でもあり、熱しやすく冷めやすい一面も持ち合わせています。

ですから、可能な限り「浮気を疑う根拠が存在した時期」に浮気調査が実施されるべきであり、その時期がタイミングとして欠かせない時期と判断出来るのです。